うたうということ 2

こんにちは!

京都を拠点にボイストレーニングを行っている、ボイストレーナーのDAISUKE です♪

さて、今回は歌う上で私自身が大切にしている、そして皆さんに大切にしてほしいことを書きます。

それは「等身大の歌を歌う」ということです。とても漠然とした表現になりますが、その真意を書かせていただきます。

昨今のJ-POP歌手の歌は特に男性アーティストに顕著だと思いますが、とても音域が広くものすごく高い音まで地声の音色で聴かせているものが、世の中でとても流行っています。

その影響もあってか、カラオケで歌うのもyoutubeの歌ってみた系動画でも「原曲キーで歌えているか」というのが、歌の良し悪しよりも大きな評価の対象となっているように思います。

もちろん今流行りの男性だとofficial髭男dismの藤原さんやONE OK ROCKのTakaさん、女性だとMISIAさんやSuperflyさんのような高音発声は私自身も憧れる部分はありますし、とても魅力的だと思います。

ただ、まったく同じ声になりたいとか、まったく同じように歌いたいとまでは思いません。

私は歌うことの一番大きな喜び、感動は、自分自身の湧き上がる思いを歌という表現を通して、聴いていただく方に伝えることにあると考えています。

そしてそれを伝えるには常に「自分であること」が必要だと思います。

例えばあなたが好きな人に気持ちを伝える時、大切な人に感謝の気持ちを伝える時、また悲しい気持ちを表現する時、怒りを伝える時に有名な演技の上手な役者さんのセリフを真似して伝えようとするでしょうか?そして、もしうまく真似できたとしてもその気持ちは伝わるでしょうか?

あなた自身の思いとそれをありのまま伝えたい気持ちが表れた言葉、表現だからこそ相手にしっかりと伝わるのではないでしょうか?

歌も同じだと思います。

たとえ高音が出せたとしても誰かの真似をすることやその音を出すことだけを目的としている歌で伝えられるのは「技術」の凄さであり、歌の力がもっている「感動」を伝えるのは難しいと個人的には思います。

もちろん高音発声含め技術的な能力があったほうが、より良い歌を歌える可能性は高いと思います。

ただ、あまりに技術的な方向に傾きすぎて、本来の歌や音楽を楽しみたいという純粋な気持ちを忘れてほしくないなと思いますし、できない事に打ちのめされそうになっている方の助けになりたいなと強く思います。

ここまで読んでいただき共感いただけた方にどうすれば等身大の歌を歌い、人に感動を与えられるようになれるのかという問いに関して、ヒントとなるような歌に対しての向き合い方や練習方法について、書いていこうと思います。

読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました