うたうということ3

こんにちは!

京都を拠点にボイストレーニングを行っている、ボイストレーナーのDAISUKE です♪

さて、等身大の歌を歌い、人に感動を与えられるようになれるなるために大切なことがあります。それは自分自身が歌うことに感動するということです。

歌で感動を与える方法として一般的によく大切だと言われるのは「歌詞を理解する」とか「歌詞の内容をしっかり表現する」といったことが言われると思います。

それももちろん正しいことだとは思うのですが、歌の感動の源はメロディーにあると私は考えております。

言葉の力は歌だけでなく、お芝居や本などでもその輝きを放ちますが、メロディーは音楽、歌だけにある唯一無二の存在だと言って良いでしょう。

作曲者が最高だと思って作ったメロディーに最高の歌を乗せるというのがボーカリストの役目であり醍醐味です。

そのためにはメロディーに対して思っているよりも深く自覚的に捉えていく必要があります。

おおよそ歌の練習といえば、Aメロ、Bメロ、サビなどのセクションごとに歌ってみて、音が取りにくい箇所やサビなどで高い音が出てくる箇所、ビブラートをかけたい箇所などテクニカルなものが中心になることが多いです。

それではなかなか自分もお客さんも感動する歌を歌う方向には行きにくいと思います。
では具体的にどういう練習方法があるのかを次の記事で書いていきます。

読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました